訪問介護について考えてみる

友人が介護の資格をとり訪問介護始めました。私自身も介護の経験があって,介護福祉士の免許とって老人ホームに就職しました

人と関わるのが好きなのでこういった介護の仕事がすごく自分にとっては合っているなぁと思っていました。

始める前までなんですけれども。この仕事を思っていた以上に大変でやはり少々甘く見ていたなという感じがしています。

人間関係も大変ですが仕事自体も凄く大変でした。

人間関係で大変だとと思ったのは、まずは仲間関係からでした。働いてる方は若い方から年配の方まで幅広いので、コミニケーション取るのが難しいなと感じました。また女性がどちらかというと多い職場ですので一方間違えると仲間外れにされてしまったり発言権の強い年配の方からにらまれてしまうと何でもかんでも押し付けられてしまったり嫌な仕事や嫌な勤務シフト組まれてしまっていることがありました。

職場においてはやはり身体介護やお風呂の介護トイレの介護などが少し大変だと感じました。夏場のお風呂介護は非常に大変です。

とは言え大変な仕事ではありますがからの日本にとってはとても大切な仕事だと考えています。

また大変な事事実ですがとてもやりがいのある仕事だったりします。人ともかかわりが好きなので

した利用者の方からありがとねと言われたりご家族の方から家族の者の言うこと聞かないけどあなたの言うことがよく聞くわね。

嬉しい一言言ってもらえたりします。

の時は大変な仕事ですがなんかすごく嬉しいなんて気にもなります。

高齢化が進んでいますし私の友人が進んだ訪問介護のヘルパーを取るという事は日本にとっても、これからの高齢者の方にもとても良いことだと思います。

私は介護という方面ではなくセラピーの道に済みましたがこちらの方でも私は介護の学んだ知識やサービスを今でも先に役に立てています。

訪問介護のヘルパーさんに教えてもらった訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

コメントは受け付けていません。