‘サロン開業’ カテゴリーのアーカイブ

独立のイメージをしてみましょう

2011年10月22日 土曜日

セラピストでサロンに勤めている人は、一度は独立したときのことを考えたことがあると思います。でも、独立する直前にならないと深いところまでは、考えないことでしょう。独立を考える時期は人それぞれあると思います。実際、サロンの独立はいつごろがいいのでしょうか?正直、いつ独立してもいいと思います。ただ、そのための前準備をしていればの話。ある程度の勝算がないかぎり、独立しても上手くいかない可能性があります。いかにして成功するか、いつも頭の中で自分が一人開業することになったことをイメージしてみましょう。そんなことを考えているといつも気がつかなかったこと、新しい発見をすることがあります。「こうしたらいいんじゃないか。」「ああしたら喜ばれるかも。」などいろいろでてくると思います。そういった気づきをまとめて独立したときのシミュレーションをしてみるといいでしょう。具体的にイメージするほどいいです。様々なパターン、場合を考え、勝算が見えてきたころ独立について考えてみてはいかがでしょうか?

立地条件について

2011年5月11日 水曜日

セラピストの中には、今後独立を視野に置いて仕事をして見える方もいるかもしれませんし、いないかもしれません。独立をするとなると考えていかなければならないことがたくさんあります。独立するわけですので、自分は経営者になります。経営者として、自分のサロンを成功させることが目標になります。独立し、自分のサロンをもったところをゴールにしていると上手くいきませんよ。その後のこともしっかりと視野に入れていきましょう。さて、自分のサロンをもつとなると気になる問題もいろいろ出てくると思います。そのひとつに立地の問題があります。確かに立地は大切なことです。しかし、立地がすべてではありません。人通りの少ないような立地条件の悪いところにあるサロンでも成功しているところはいくらでもあります。むしろ、立地の悪いところで人を呼べるようになれば、条件のいいところに行けば一人勝ちですよ。立地などには、こだわりすぎず、それよりもその他のことを考えていくことの方がもしかしたら重要かもしれません。

厳しい環境での修行

2011年4月20日 水曜日

開業をする前は、多くの場合、どこかで修行をつまれるでしょう。そのときは、厳しい環境で修行をすることが大切です。修行期間から自分が一人で始めた時のことを考えて行動していきましょう。例えば、たぶんほとんどの人が車を運転されることと思いますが、路上に出てすいすい運転ができるのはなんでだと思いますか?それは、自動車学校に通うって基本的なこと、当たり前のことを一から学んで、教官に厳しく見られながら、S字やクランクなど路上に無いようなコースも通る練習をしたからです。厳しい道を通ることで、路上に出ても事故が起こらないようにしている。それでも事故は起こります。つまり、何も考えず、何もしないまま、いざ開業となったときだけやる気を出して頑張っても、事故にあう・上手くいかない可能性が高いと思います。必ず失敗するとは言いませんが、危険ですよね。そうならないためにも、修行のときから常に自分に厳しく、厳しい環境に自分をおくことが必要なように思います。

自宅サロンの独立にかかる費用

2010年6月18日 金曜日

今、自宅でサロンを独立している人が目立ちます。「子育てが一段落したから」、「部屋が空いているから」、「自分の土地だから家賃がいらないしやってみたい」などやり始める理由は様々あると思います。自宅だからと言ってもやはりサロン独立のためには内装や美容器具などいろいろなものが必要になってきます。そこで一般的な自宅サロンの独立に必要な費用を調べました。一般的なサロン開業を例にとってみましょう。まずは内装費。ベッドやショーケース、カウンセリングセットなども合わせてだいたい50万円くらいから。広告費。宣伝しなければ集客は見込めません。サロン独立の失敗例に多いのがこの集客の問題です。ですから広告費には少お金をかけましょう。だいたい10万円くらいを目安にしてください。最初に必要な化粧品の仕入れに30万円くらいでしょうか。おおまかにですがこれでだいたい100万円くらいかかる計算になります。そこに経営していくわけですから毎月かかる光熱費や化粧品代、広告費の維持などがやく10万円~20万円くらい。このような感じになりますが、これはあくまでも予想概算です。費用はかかりますが、大きな出費の家賃の部分が大幅にカットできます。しかも従業員を雇わないスタイルなら時間もうまくライフスタイルにあわせて使えるメリットがあります。自宅サロンの独立にはこのくらいの費用がかかるのでその資金をどうするかということをしっかり考えましょう。そして、開業してから毎月の支出は避けられません。自宅サロンで成功するためにはそれが支払っていけるのかどうかもしっかり考えることが大切です。

サロンの独立は厳しい?

2010年6月12日 土曜日

サロンで働いている人などの中には、サロンの独立に興味のある人は多いと思います。自分で技術を身につけていつかはサロンを独立させたい。そう思ってがんばっている人も多いでしょう。サロンの独立は華のあるように思いますが、実はそうでもないお店も多いようですよ。サロンを独立してもなかなか顧客が集まらないというのが課題のようです。簡単にいうと集客ですね。よっぽど何かの技術がずば抜けていいというお店や、バックアップがしっかりしているところはいいのかもしれませんが、そうではないサロンは顧客集めに苦労しているそうです。ですから、サロンを独立する前に他のサロンで働いていた人はそこで自分の顧客だったひとを引き抜くというか連れてくるのだそうです。顧客集めが難しいようなら何かのグッズをサロンで販売してグッズ販売で利益を生む方法をとっているサロンも少なくはありません。美容関係だけではなくアクセサリーや美容にいい食品などの販売もやっているところもあるようです。サロンの独立はそんな簡単なことではないのですね。成功しているサロンはやはり何かしらの努力をしているのだと思います。

サロンの独立のスケジュール

2010年6月10日 木曜日

今回は、サロンの独立を考えておられる方へ簡単ですが開業スケジュールをご紹介しましょう。まずは当たり前のことなのですが、どんなサロンにしたいか、どこにお店を出したいのか。サロンの独立の第一歩はここです。来ていただくお客様の年齢層を絞り、それに合った出店場所を探しましょう。そしてもう一つ大切なことはいつごろオープン予定なのかということです。サロンの独立には実にたくさんの準備が必要になります。準備ができたらとだらだらしていてはサロンの独立などできません。次にサロン独立のためにはお金がもちろん必要となってきます。今までに貯めてきたものでいけるのか、不足分はどこで借りるかなどしっかり土台を作らなければいけません。ここができていないとその先へは進めません。出店する店舗も探しましょう。サロンの独立にはこの出店場所はとても重要となってきます。家賃はもちろん気になるところですが、何よりもお客様がたくさん来ていただけるような立地条件も大切な要素です。交通の便はいいか、治安はいいか、わかりやすい場所にあるかなどです。いい物件が決まったら契約をしましょう。同時に内装や働いてもらう従業員の募集もかけます。そして、いよいよオープンです。新聞広告やチラシくばりなどにも少しお金をかけてみなさんにお店がオープンすること、したことを知ってもらいましょう。簡単で当たり前のことですが参考にしていただければ嬉しいです。

コンセプトを一貫する戦略が大切

2010年6月8日 火曜日

サロンを独立させ成功させるためにはお店のコンセプトが明確になっていることが大切です。ようするに「誰が、誰に、何を」をしっかりと決めるということです。実はここが一番の重要なポイントとなります。この誰が誰にどのようなサービスを提供するか?をしっかりとおさえておけばあなたが集客のためにホームページを作るとき、ブログを書くとき、メルマガを作るとき、画像、動画、誰に何を見せればいいのかがわかってきます。ここに一貫した戦略をみいだせないと、とる戦術もばらばらとなり効果が落ちてしまいます。例えば、ターゲットとなるお客像がリッチでセレブ女性なのに、誰でも入れるようなアットホームなサロンを作ってしまってはどうでしょう?リッチでセレブな女性は割引や誰でも簡単に入れるサロンに喜んで来るでしょうか?特別扱い、特別な空間を望まれるのではないでしょうか?このようにターゲットにマッチした戦略を組んでいくことが独立して成功するためには大切になってきます。 

コンセプトを決める

2010年6月6日 日曜日

サロンを独立して始めるのに大切なことはいくつかあると思います。その一つにサロンのコンセプトを決めるということがあります。しかし、集客のできていない多くのサロンではこの部分が明確になっていません。あなたは自分のサロンを15文字以内で紹介できますか?これができなければ集客は難しいでしょう。経営者・スタッフが自分のサロンの紹介ができないのに、はたしてお客様が紹介できるでしょうか?できませんよね。つまりお客様にはあなたのサロンがどんなところなのかいまいちよくわかってもらえていないということです。そうなると誰かに「どんなお店?」と聞かれても答えることができないため、口コミも起こりません。ですからサロンを開く上でコンセプトがしっかりとしているかが大切になってくるのです。そこからどういった人をターゲットとするか、そういった人たちに来てもらうためにはどうすればいいかなどを具体的に考えていきます。これらが明確になっていれば集客することはそんなに難しくないと思います。