‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

放課後等デイサービスの利用者負担

2015年2月18日 水曜日

放課後等デイサービスなど児童福祉法に基づく障害児を対象とするサービスを受けるには、利用する施設との契約を結ばなければいけません。

障害児の保護者は、支援の支給を受ける為に市町村などに支給申請を行い、支給決定を受けた後に、利用する施設と契約を結ぶという流れになります。

放課後等デイサービス等を利用できるのは、就学年齢(小学校1年生から高校3年生)までですが、条件を満たせば20歳まで受けることもできます。

「サービスを利用したいが、利用者負担はどれくらいになるのだろう」と思われる方もいるかもしれません。

障害児の利用者負担については、月ごとに利用者負担の上限が決められています。

この自己負担は、所得に応じて4つに区分され、月に利用したサービスの量にかかわらずそれ以上に負担にはなりません。

これはサービスを利用するすべての人が対象になります。

生活保護受給者世帯や、市町村税非課税世帯の低所得者では、負担上限月額は0円となります。つまり無料ということです。

月にどれだけ利用者負担があるのかは気になるところですよね。

児童福祉法に基づくサービスには所得に応じた利用者負担の軽減などがあるため、安心して利用することができますね。

わからないことは施設や市役所などの窓口でも教えてくれるようですし。

このようなサービスは障害を持つ児童だけでなく、その保護者の負担も軽減してくれます。

また、将来障害を持つ児童が自立するための訓練にもなります。

障害を持つ児童がみえるご家庭で、放課後等デイサービスを利用していないという方は、一度利用を検討してみてはいかがでしょうか?

無料で体験や見学もできるようです。

岐阜・穂積・本巣でおススメの放課後等で―サービス ひまわり

http://himawari.link/

岐阜市の接骨院に通ってみよう!

2014年5月29日 木曜日
岐阜市に住む父親が接骨院に通っています。
最近庭の草むしりをしていて、ゴミを片付けようとしていたときに腰をグキッとしてしまったそうです。まっすぐ立つことができず、動作もぎこちなかったそうです。
父親は何か痛みがあると毎回自宅近くの接骨院へ通います。なぜそんなに接骨院へ行くのか?と聞いたことがあります。
「接骨院は怪我の治療の専門家だし、整形外科よりも待ち時間も少ないし、なにより先生が丁寧でいいよ。」と言っていました。
僕は接骨院に行ったことがないので、ふーん程度にしか思っていませんでした。そもそも接骨院で見てもらえる怪我って何なの?と思っていました。
また父親が通うことによってその疑問がまた出てきたので、調べてみることにしました。
接骨院で扱える怪我は、急性又は亜急性であること、その怪我の原因がはっきりしていること、これらの条件に合う骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などの怪我だけです。
具体的な例だと、転んで手首をついて痛いし形が変わっている、スポーツで相手選手とぶつかり肩が動かせない、階段でつまずき足首を捻った、などになりますね。
そもそも怪我の名前ってよくわからないですよね?
骨折は、骨が折れている、脱臼は、関節が外れている状態、打撲はいわゆる打ち身ということはわかります。ですが、捻挫って詳しくわかりますか?
捻挫とは、関節の許容範囲を超えた力で周辺の組織が損傷を受けた状態ということです
。なんだか難しくてわかりませんが、簡単に言うと関節が限界以上に曲がったりしたときに、周辺の筋肉やじん帯を痛めてしまうことのようです。
調べてみてわかったのですが、接骨院でかかれる怪我って、日常生活やスポーツでいつでも起こりうるものですよね?
痛みは誰でも早く治したいと思います。怪我は早く治療すれば、より早く治ると聞いたことがあります。整形外科では、長いこと待たされた挙句、電気とシップで治療は終わりなんてこともあるそうです。
待ち時間も少なく、丁寧に治療してもらえるなら、接骨院で治療してもらったほうがいい気がしませんか?
僕も怪我をしたら父親の通っている接骨院に行ってみようかな?
http://www.bo-ne.com/

訪問介護について考えてみる

2014年5月4日 日曜日

友人が介護の資格をとり訪問介護始めました。私自身も介護の経験があって,介護福祉士の免許とって老人ホームに就職しました

人と関わるのが好きなのでこういった介護の仕事がすごく自分にとっては合っているなぁと思っていました。

始める前までなんですけれども。この仕事を思っていた以上に大変でやはり少々甘く見ていたなという感じがしています。

人間関係も大変ですが仕事自体も凄く大変でした。

人間関係で大変だとと思ったのは、まずは仲間関係からでした。働いてる方は若い方から年配の方まで幅広いので、コミニケーション取るのが難しいなと感じました。また女性がどちらかというと多い職場ですので一方間違えると仲間外れにされてしまったり発言権の強い年配の方からにらまれてしまうと何でもかんでも押し付けられてしまったり嫌な仕事や嫌な勤務シフト組まれてしまっていることがありました。

職場においてはやはり身体介護やお風呂の介護トイレの介護などが少し大変だと感じました。夏場のお風呂介護は非常に大変です。

とは言え大変な仕事ではありますがからの日本にとってはとても大切な仕事だと考えています。

また大変な事事実ですがとてもやりがいのある仕事だったりします。人ともかかわりが好きなので

した利用者の方からありがとねと言われたりご家族の方から家族の者の言うこと聞かないけどあなたの言うことがよく聞くわね。

嬉しい一言言ってもらえたりします。

の時は大変な仕事ですがなんかすごく嬉しいなんて気にもなります。

高齢化が進んでいますし私の友人が進んだ訪問介護のヘルパーを取るという事は日本にとっても、これからの高齢者の方にもとても良いことだと思います。

私は介護という方面ではなくセラピーの道に済みましたがこちらの方でも私は介護の学んだ知識やサービスを今でも先に役に立てています。

訪問介護のヘルパーさんに教えてもらった訪問マッサージひまわり

http://www.hoken28.com/

少しずつ

2014年2月6日 木曜日
秋らしくなってきました。まだ日差しは熱いですが、時折ふく風はひんやりとしています。秋からなにかを始めたりすると「アキる(飽きる)」と言われます。縁起かつぎの日本ならではですね。気候も涼しくなり、今年の酷暑で体がおかしくなる季節も終わりを迎えました。多少秋バテがあるでしょうが。過ごしやすくなるこの頃。なにかを始めたくなる気持ちも、わからないではありません。今は独立すべき時代ではないです。特に美容業界 癒やしの類は。独立だけでは生活できません。何か生活の中心となる職についていて、空いた時間でサロンをするならいいでしょう。リスクを抱えて望んでも成功はほぼありません。お客様もあてにはなりません。アベノミクスなんかあっても みんな恩恵もないんです。セラピーオーナーが 毎月毎月売り上げに翻弄され セラピーの仕事の根元を外すようでは本末転倒です。

独立する心構え

2011年12月22日 木曜日

独立する夢を持っている人もいるかもしれませんし、いないかもしれませんが、独立をした後の大変さはなんとなくわかるのではないでしょうか?独立するということは、すべて自分にかかってくるということです。どこかで勤めていたように守られた環境での仕事ではなく、今度は自分が自分のサロンや従業員を守っていく立場になります。生半可な覚悟では、成功することは難しいかもしれません。どんな職業でもそうですが、大切なのは、技術でも知識でもなく「心」です。確かに技術・知識も大切なのですが、それらは後から自然とついてきます。しかし、「こころ」は違います。年がかさむにつれ自然に育っていくことはあるかもしれませんが、それは元が・信念があるからです。自分は、どうして独立をしたいのか、独立することで何がえられるのか、何に貢献できるのかをよく考えてみましょう。心がしっかりとしていれば、独立してからあたる様々な壁も乗り越えていけるでしょう。

ホームページを作る

2010年10月20日 水曜日

ホームページを作る

サロンで独立を考えるのなら、どのようにして集客をしていくかも考えなければいけません。集客の方法にもいろいろとありますが、やはり今はインターネットを活用した集客でしょう。新規の方の集客の多くはこのインターネットで来られます。雑誌などの紹介から見えることもありますが、インターネットが一番だと思います。ですから、まず、自分のサロンのホームページを作りましょう。まずは、自分のお店を知ってもらわなければなりませんからね。ホームページの作り方としては、ホームページ制作業者に頼んだり、自分で作るという手段もあります。業者に頼む場合には、作成費用と維持管理費用などがかかりますが、要望通りのものができます。自分で作る場合には、専用のソフトが必要になります。ソフトにも種類があり、初心者用からプロ用まで幅広くあります。どちらにせよホームページをもっておくことは集客において大切なことですので、サロンを始める前に作っておきましょう。

Hello world!

2010年6月3日 木曜日

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !